2012年11月26日 « トップへ » 2012年12月19日

2012年11月30日

正確な状態を把握するため歯科用CTで3次元撮影

歯科用CT

受診した際、これまで自分では気付かなかった場所に虫歯がある、と歯医者さんに言われた経験はありませんか?

歯の病気には痛くなってから気付いたり、目で見て発見できるものばかりではありません。むしろ、痛みを感じることなく、気付かない内に広がって悪化しているケースの方が深刻です。

歯科医院では、「レントゲン撮影」を行い見えない場所の状態を確認します。主にパノラマX線写真やデンタルX線写真が多いですが、これらの装置では平面的な2次元画像しか撮影できないため、影に入ってしまう部分などは画像が重なってしまい、精密な状態が把握できないこともありました。

そこで、当院では、精密検査機器として「歯科専用のCT」を導入し、3次元撮影(水平・垂直・奥行)を行うことで、これまで十分に把握できなかった部分においても、より正確に診断できるようになりました。

歯科用CTで撮影を行なうメリット

歯科用CT歯科用CTで撮影すると、従来のレントゲンでは見れなかった歯の内部や骨の中などまで把握できるため、正確な診断・治療ができます。また、様々な角度から進行状態を3D画像で表示できるため、患者さんご自身にも病状を把握していただきながら治療を進めることができます。

これまでは、大学病院といった大規模な病院などにしか備わっていなかった歯科用CTですが、当院には設備がございますので、他の病院に撮影に行く手間や時間も省け、より迅速な撮影、診断が可能です。また、他病院への紹介状料や撮影依頼料が不要な分、患者さんの負担費用もより抑えることができます

正確な治療を行うために役立てておりますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

様々な治療に歯科用CTでの撮影が活躍

親知らずの抜歯がより安全に正確に
歯ぐきの奥に埋まっている親知らずなどでさえも、3D画像によりあらゆる方向から状態を把握できます。神経の位置が明確にわかるようになったため、これまで以上に安全な抜歯が可能となりました。

微少な歯の形が判別でき、根管治療がより正確に
歯の根の形態や数、曲がり具合や長さなどを立体的にとらえることができ、根管治療(歯の根の治療)においても非常に大きな役割を果たすようになりました。

歯周病の進行具合がより明確に
歯周病の影響で歯を支える骨がどのくらい失われているか、また治療によってあごの骨がどれくらい再生しているか、などを3D画像で視覚的に確認することで、歯周病の進行具合や治療効果をより明確に把握できるようになりました。

インプラントの仮想再現による診断画像300
手術前のCT撮影によって、下あごの神経の場所が把握できるため、インプラントをどのくらいの深さまで埋め込めるか、どの大きさの物を使えばよいかを把握できます。

従来のように歯科医が持つ経験や勘を頼りにインプラントを入れることもなくなるため、治療ミスなどの事故が起こることもなく、より精度の高いインプラント治療が可能になりました。

顎関節症の診断と確認
CT画像によってあごの骨も立体的に撮影することができるので、顎関節症の診断と確認が容易になりました。

顎関節症についてはこちら


2012年11月26日 « トップへ » 2012年12月19日


コールバック予約
pagetop