トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯科用CT » 正確な状態を把握するため歯科用CTで3次元撮影

正確な状態を把握するため歯科用CTで3次元撮影

歯科用CT

受診した際、これまで自分では気付かなかった場所に虫歯がある、と歯医者さんに言われた経験はありませんか?

歯の病気には痛くなってから気付いたり、目で見て発見できるものばかりではありません。むしろ、痛みを感じることなく、気付かない内に広がって悪化しているケースの方が深刻です。

歯科医院では、「レントゲン撮影」を行い見えない場所の状態を確認します。主にパノラマX線写真やデンタルX線写真が多いですが、これらの装置では平面的な2次元画像しか撮影できないため、影に入ってしまう部分などは画像が重なってしまい、精密な状態が把握できないこともありました。

そこで、当院では、精密検査機器として「歯科専用のCT」を導入し、3次元撮影(水平・垂直・奥行)を行うことで、これまで十分に把握できなかった部分においても、より正確に診断できるようになりました。

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯科用CT » 正確な状態を把握するため歯科用CTで3次元撮影


コールバック予約
pagetop