トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療 » 歯周病の進行の様子と治療方法

歯周病の進行の様子と治療方法

【軽度歯周病】歯肉にのみ炎症が生じたもの
歯周病の進行プラークや歯石が原因で歯肉に炎症を起こします。歯ぐきは暗い赤色で丸みを帯びて腫れ、歯磨きのときや硬い物を食べたときに出血しやすくなります。正しいブラッシングと歯石除去で改善できます。

<具体的な治療方法>
・数回の歯周病ケアで比較的短期間で回復可能
・歯科衛生士によるブラッシング指導

次へ

【中等度歯周病】歯(歯槽骨)が歯根の長さの1/3まで消失したもの
歯周病の進行歯ぐきの炎症が進行すると歯と歯ぐきの間の付着器官が溶け、歯周ポケットができます。また、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け始めます。

<具体的な治療方法>
・歯周ポケットの奥まで付着した歯石を除去
・歯科衛生士によるブラッシング指導

次へ

【重度歯周病】歯(歯槽骨)が歯根の長さの1/3~1/2まで消失したもの歯周病の進行
炎症がさらに悪化すると歯槽骨が溶け、歯根部分が露出し、冷たい物や熱い物がしみたりすることもあります。歯石や歯周ポケットの奥にますます付着し、歯ぐきが腫れ、膿が出てきます。口臭も徐々にひどくなり、歯を支えている骨(歯槽骨)の吸収により歯がグラグラ動きます。

<具体的な治療方法>
・歯周ポケットの奥まで付着した歯石を除去
・痛みを感じるときは麻酔
・場合によっては歯周外科の適応
・歯科衛生士によるブラッシング指導

次へ

【重度歯周病】歯(歯槽骨)が歯根の長さの1/2以上消失したもの
歯周病の進行歯槽骨がほとんどなくなり歯根が露出し、最後には抜け落ちてしまいます。

<具体的な治療方法>
・場合によっては歯周外科にて対応
・歯の保存が不可能な場合は抜歯

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療 » 歯周病の進行の様子と治療方法


コールバック予約
pagetop