トップへ » 当院が選ばれる理由 » 入れ歯 » 当院の入れ歯の種類

当院の入れ歯の種類

【ノンクラスプデンチャー】ソフトで目立たない入れ歯
ノンクラスプデンチャー●金具を使っていないので目立たない
●柔らかくて軽い素材で装着時の違和感がない
●修理が難しく、一度壊れたら作り直しとなる

金具を一切使わない部分入れ歯です。柔らかい素材を使用していますので、大きく曲げても割れることはありません。金具を一切使わず、歯ぐきと同じピンク色をしているため、装着しても目立たないことが特徴として挙げられます。


【クラスプデンチャー】保険から自費まで幅広く対応
クラスプデンチャー金属の金具で歯に固定させる入れ歯です。自由診療でお作りするものから、保健が適用できものまで、幅広く対応できます。保険適用の場合は、プラスチック素材を使っていますので、経済的な負担を抑えることができます。初めての方には、保険義歯で入れ歯に慣れていただくことをおすすめいたします。


【金属床】薄くて違和感が少ない入れ歯
金属床上あごに密着する床部分が金属でできている入れ歯です。コバルトクロムやチタンなどが使われています。プラスチックに比べると耐久性があり、 薄くて違和感がありません。ただし、壊れたり合わなくなったときに、修理が難しいというデメリットがあります。


【マグネットデンチャー】磁力でズレない、外れない入れ歯
マグネットデンチャー●根っこに金属を入れ、入れ歯に磁石を装着
●磁力で固定するので安定感がある
●簡単に施術することが可能

磁石の力を応用した入れ歯です。残っている歯と入れ歯に磁石を埋め、その磁力によって入れ歯を固定させます。金具で固定する入れ歯に比べると、他の歯を痛めることがありません。さらに磁石によって密着するので、ズレやガタつきがなく、安定した噛み心地が得られます。

<マグネットデンチャーの注意点>
磁石を使いますので、磁力による問題が起こる可能性があります。特に、MRIなどの検査などで画像が歪むので、マグネットデンチャーを外してから検査を受けてください。人体などへの影響は、今のところ何も報告されていません。

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院が選ばれる理由 » 入れ歯 » 当院の入れ歯の種類


コールバック予約
pagetop