トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント治療 » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

【1】診査・診断・治療計画・術前治療1次手術
歯並びやあご、顎関節の状態を確認し、治療の流れをチェックします。インプラント治療はすべての方に可能な治療とは限りません。細心の注意を踏まえて診査を行います。

次へ

【2】一次手術:人工歯根を植え込む1次手術
インプラント体をあごの骨の中に埋入する手術を行います。まず歯ぐきを切開してインプラントと同じ大きさの穴を骨に形成します。そこにインプラント体を埋入して固定させてから、歯ぐきを縫合します。

手術後数か月すると、骨とチタンがしっかりと結合します。

次へ

【3】二次手術:土台を取りつける2次手術
インプラントと骨が結合したら、人工歯を装着するための部品を取り付け、歯ぐきの形を成形します。この段階で歯型を採って仮歯を作り、噛み合わせを調整した後、歯肉の傷口が治るのを待ちます。

次へ

【4】補綴処置補綴処置
人工歯をインプラントに装着し、併せて歯磨き指導を行います。

次へ

【5】術後のメインテナンス(重要)
安定した状態を長く保つためには、術後のメインテナンスが不可欠です。歯磨きが不十分だとインプラントの周りに汚れや歯垢が付き、それが原因でインプラント歯周炎を引き起こします。ひどくなると周辺の骨がやせてきてインプラントがグラグラ動き始め、脱落の恐れもあります。 そのためにも毎日しっかりと歯磨きをして、きちんと定期検診を受けましょう

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント治療 » インプラント治療の流れ


コールバック予約
pagetop