トップへ » 当院が選ばれる理由 » 審美歯科 » セラミック素材で、虫歯の再発リスクを軽減させる

セラミック素材で、虫歯の再発リスクを軽減させる

審美歯科●セラミック素材は歯とかぶせ物の隙間が少ない
●長い目で見ると虫歯再発のリスクを抑える

人工歯を被せるとき、歯とかぶせ物の間に小さな隙間があると、細菌が侵入して虫歯が再発することがあります。これを避けるためにできるだけ隙間を埋めます。しかし、保険適用の素材にはやはり限界があります。

この問題を解決してくれるのが、保険適用外のセラミック(陶器)などの素材です。セラミック素材を使うと天然歯とかぶせ物の隙間が少なくなり、虫歯の再発を防ぐことができます。様々な種類がありますが、その中でもセラミックは表面に汚れや細菌が付きにくく、虫歯になりにくい素材です。

また、素材による利点だけでなく型を採る材料や、やり方も保険のとは異なり、適合精度を上げております。保険適用のものに比べると費用が高くなりますが、長い目で見ると虫歯再発のリスクを最小限に抑えることができます。

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院が選ばれる理由 » 審美歯科 » セラミック素材で、虫歯の再発リスクを軽減させる


コールバック予約
pagetop