トップへ » 当院が選ばれる理由 » 小児歯科 » 会話から始まる信頼関係

会話から始まる信頼関係

「ここに来れば、面白いおじさんが、何か楽しいことをしてくる!」
お子さんに、そんなワクワクした期待を持たせるよう心がけながら治療にあたっています。
小児歯科

どんなお子さんも診察室に入るときには、不安で顔がこわばっています。その緊張をほぐすために「何かお話しようね」といって、雑談をするようにしています。お子さんの心がほぐれてくると、大きなお口を開けて、大人しく治療をさせてくれます。

大切なことは、お子さんが心を開き治療を任せてくれるまで根気よく待つことです。「このおじさん、大丈夫みたい」と思わせてお友達になってしまえば、もう安心です。

お子さんとの約束は、絶対に守りたい!だから痛くしません
治療中の痛みは、お子さんにとっては一番の恐怖です。それが原因で歯医者さんギライになってしまうこともあります。小児歯科では、いかに痛くさせない治療をするかが一番大事です。もし「痛くしないからね」と約束したら絶対に守りたいと思います。恐怖心や歯医者嫌いのトラウマを作らないよう、常に心がけています。

ちょっとした一声が安心感を与える小児歯科
お子さんに一声かけるように気を配っています。治療が始まるときは「痛かったら教えてね」、そして最後まで頑張ったときには、「よく頑張ったね」とほめるあげます。ちょっとした一声ですが、お子さんは声をかけてもらうだけで安心します。

お子さんはほめられると治療中の恐怖心が消えるので、歯医者さんギライを克服するために一緒に頑張りましょう!

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院が選ばれる理由 » 小児歯科 » 会話から始まる信頼関係


コールバック予約
pagetop