トップへ » 当院が選ばれる理由 » 小児歯科 » 虫歯予防をしっかりして、ずっと健康な歯でいてもらいたい

虫歯予防をしっかりして、ずっと健康な歯でいてもらいたい

虫歯予防小児歯科において、虫歯予防の原点は母親にあるといえます。虫歯菌(ミュータンス菌)は、生後10か月~31か月の間に、お母さまのお口からお子さんのお口へと感染します。とはいえ、すべての子どもが感染するわけではありません。

一度、虫歯菌(ミュータンス菌)に感染すると、ブラッシングでは簡単に減らせません。そのため、虫歯になりやすくなります。その反対に3歳頃までに感染しなければ、サングイス菌(善玉菌)が定着しやすくなり、虫歯になりにくくなります

<虫歯になりやすい条件>
●母親のお口の中に虫歯菌(ミュータンス菌)が大量にいる場合
●お子さんが砂糖を大量に摂取している場合

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院が選ばれる理由 » 小児歯科 » 虫歯予防をしっかりして、ずっと健康な歯でいてもらいたい


コールバック予約
pagetop