トップへ » 当院が選ばれる理由 » 小児歯科 » お子さんの噛み合わせが気になったら【咬合誘導法(歯列管理)】

お子さんの噛み合わせが気になったら【咬合誘導法(歯列管理)】

小児歯科噛み合わせに異常があると、噛む機能が上手く働かず、体や顔のゆがみの原因になります。また、見た目なども悪くなるため、心理面にも影響があります。

治療を開始する時期は、噛み合わせの状態にもよりますが、効率的に改善させるためにも、できるだけ早めの治療が望ましいでしょう。一般的には永久歯が生え揃う小学生までの間が適切な治療を受けると、永久歯に生え変わった後の治療が比較的に楽になる場合が多いです。


歯を抜かずに歯並びをきれいに「抜かない治療」
不正咬合を防ぐには、指しゃぶりなどの癖や、歯並びに悪影響を与えると思われる原因を取り除いていきます。永久歯に生え変わる時期はあごの骨がよく発達する成長期です。この時期であれば、永久歯を抜かずに歯並びを整えることが可能です。

当院では、骨の幅を少しずつ拡大しながら歯が生えるスペースを作ります。こうすることで、歯を抜かずに歯並びをきれいにすることができます。また、成人になってから受ける本格的な矯正治療に比べると、簡単な装置で済み、費用も抑えることができます。


【ムーシルド】マウスピースで改善ムーシルド
●3才から治療を始められる
●就寝時にマウスピースを装着するだけ
●痛みを感じることがない

3歳児検診で反対咬合を指摘されたお子さんに有効な治療方法がムーシールドです。通常は永久歯に生え変わるまで様子を見ますが、時期を見逃してしまうことも少なくありません。ムーシールドは、3歳からでも始められる針金を使わずに簡単にできる治療方法です。

当院では、ムーシールド正規講習の修了資格認定を受けた歯科医師が診療にあたっています。比較的に短期間に治すことができますが、症例によっては100%治すことは難しいこともあります。事前に歯科医師までご相談ください。

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院が選ばれる理由 » 小児歯科 » お子さんの噛み合わせが気になったら【咬合誘導法(歯列管理)】


コールバック予約
pagetop