トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般歯科(虫歯治療) » 虫歯の進行

虫歯の進行

虫歯の進行C1(エナメル質う触)
虫歯が歯の表面を覆っているエナメル質を溶かして小さな穴が空いた状態です。象牙質に達していないため、痛みはありません。この段階では、フッ素塗布やシーランで治療します。これ以上進行させないよう歯磨きをしっかり行うことが大切です。

虫歯の進行C2(象牙質う触)
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで進んでいるので、冷たい物や甘い物がしみることがあります。痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要になる場合があります。虫歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をすることで治療は完了します。

しかし、虫歯が内部で大きく広がっている場合は麻酔をして虫歯の除去を行い、形を整えます。その後に型を採り、詰め物を作成して装着します。

虫歯の進行C3(神経まで達したう触)
そのまま放っておくと歯髄(神経)は死に、細菌が根の先に流れ、膿のフクロができます。そのような症状の場合、根管治療という、死滅した歯の神経を取り去り、根の内部(根管)をきれいに殺菌・洗浄する治療を行います。

虫歯の進行C4(残根状態)
時にはその膿が歯肉を破って外に排出されることもあります。この段階では、抜歯になるケースが多くなります。

【根管治療】痛みや根のトラブルに悩む方に虫歯の進行
●「虫歯が悪化して歯を抜くしかない、と言われた」
●「神経を取ったのに痛みが取れない」
●「何回も根の治療をしているのに再発してしまう」

歯髄(神経)の治療が不十分な場合、再び根の先の病気になることがあります。それを治療をせずに放置すると、やがて神経を破壊し、最終的には抜歯しなければなりません

こうした状況を阻止し、できるだけ歯を残すように「根管治療」を行います。根管治療は、死んでしまった歯の神経を取り除いた後、歯の根をキレイに洗浄・殺菌し、歯を再び生かすための治療です。

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般歯科(虫歯治療) » 虫歯の進行


コールバック予約
pagetop