トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般歯科(虫歯治療) » できるだけ痛くない麻酔の工夫

できるだけ痛くない麻酔の工夫

治療中の痛みを抑えるために使う麻酔注射に「麻酔自体が痛かった」という経験をお持ちの方が少なくありません。
一般歯科

当院では、麻酔自体の痛みを軽減するために、細部に渡り工夫を凝らしています

皮膚や粘膜の感覚を麻痺させる表面麻酔一般歯科
皮膚や粘膜の感覚を麻痺させるための麻酔です。ジェル状の薬剤を患部に直接塗ることで、麻酔針を刺したときの「チクッ」とした痛みが軽減されます。

麻酔液をゆっくり注入する電動麻酔一般歯科
麻酔液を一気に注入すると痛みが感じやすくなります。そこで、特殊な装置を使ってゆっくりと麻酔注入します。これによって麻酔を入れるときの痛み・不快感を抑えます

麻酔薬は温めたものを使用する
麻酔液が冷えていたり、熱すぎたりすると痛みを感じやすくなります。ウォーマーを使って麻酔液を保温することで、注入時の痛みを軽減します。

多くの患者さんに「この病院の麻酔は痛くないですね」と仰っていただいています。

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般歯科(虫歯治療) » できるだけ痛くない麻酔の工夫


コールバック予約
pagetop