トップへ » 当院が選ばれる理由 » 顎関節症

口を開けたときの違和感でお困りの方はいませんか?【顎関節症】

「あごやその周辺が痛い」「口が開かない」「口を開けると音がする」
こうしたお口を開けたときの違和感でお困りの方はいらっしゃいませんか? もし、以下の3つの症状が当てはまれば、あなたにも顎関節症の疑いがあります。
顎関節症

顎関節症は、虫歯や歯周病と並ぶ三大口腔疾患の1つと言われます。顎関節症に悩む方は20代~30代、および50代に多く、その内の約7割を女性が占めています。

顎関節症ってなに?
顎関節症とは、食事や会話をするときに動くあごの関節の動きが異常になる病気です。

●顎関節およびあごを動かす筋の痛み
●口を開閉するときにカクカクとなる関節雑音がする
●口が開きづらい、閉じづらいなどのあごの運動異常

副症状は?
●頭、首、肩、背中、腰、手足の痛み、違和感
●めまい、耳鳴り、耳閉感、眼の充血、鼻詰まり
●自律神経失調症の諸症状
●顎位が定まらない、咬合異常

顎関節の異常はストレスが原因?

顎関節発症の原因は様々ですが、主にストレス・噛み合わせ・生活習慣などによります。

中でも特にストレスによる影響は大きく、極度にストレスが溜まると、あごに異常を来たすと考えられています。現代人は仕事や家庭、社会環境などで、様々なストレスを抱えているため、顎関節症になる方が急増しています。

思いあたることがあれば要注意
・嫌な仕事を我慢してやっているといったストレス
・歯の食いしばり、頬や舌に絶えず力を入れるなど、長時間の緊張状態
・あごのずれやその他の不正咬合
・不適切な歯科治療
・運動不足、運動過剰
・姿勢の悪さ
・あごや口を使う楽器の演奏
・咀しゃくの癖
・高い枕で寝る
・足を組む
・寝ながらテレビを見たり、本を読む
・うつ伏せで寝たり、横向きで寝たりする
・硬い物をよく食べる
・早食いや食事中の姿勢が悪い

顎関節症の主な治療方法は?

顎関節症診断は、すぐに治療が必要なものと、経過観察で済むものとがありますので、正確な判別が大切です。問診・触診・あごのレントゲン検査をし、模型を作って噛み合わせを念入りに調べます。また入れ歯が合わなかったり、歯周病で噛み合わせが悪くなっている場合もありますので、これらも確認します。あらゆる原因を取り除いた上で、治療を行います。

カクカクと音が鳴るからといって、必ずしも治療を必要とするわけではありません。その逆に音が消えたからといっても、実際には悪化しているケースもあります。ご自分で判断することは症状の悪化にも繋がりますので、必ず歯科医院の診療を受けてください。

【スプリント療法】マウスピースで顎関節の負担を軽くする
あごの関節の負担を軽くするために、お口の中にマウスピースを装着して改善します。スプリントには、色々な形状や材質があり、症例・用途により使い分けることが必要です。

<スプリントの種類>
●スタビライゼーション型:診断、治療の初期に使用
●リポジショニング型:下あごの位置を積極的にある位置へ誘導するときに使用
●ピボット型:臼歯や前歯部に限局したタイプ
●口蓋型:口蓋を覆うタイプ

必要であれば、スプリント治療の後に"咬合再構成"によって、歯を削ったり被せたりして、安定した噛み合わせを再構築します。

【マニュピレーション】関節炎版を本来の位置に戻す
顎関節にある関節円板が外れているとき、元の位置に戻す手法です。朝起きたら、急にお口が開かなくなったりしていたら、この円板が外れている可能性があります。少しでもあごの調子に異変を感じましたら、早急に歯科医院までご相談ください。

【噛み合わせの調整】咬合調整・修復・補綴で噛み合わせを調整
噛み合わせの調整は治療をする上で最も重要です。噛み合わせが顎関節に負担を与えている場合は、咬合調整をします。また、低い詰め物やかぶせ物は、顎関節に負担をかけますので、修復・補綴(ほてつ)治療を行います。

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院が選ばれる理由 » 顎関節症


コールバック予約
pagetop