トップへ » 当院が選ばれる理由 » 小児歯科

会話から始まる信頼関係

「ここに来れば、面白いおじさんが、何か楽しいことをしてくる!」
お子さんに、そんなワクワクした期待を持たせるよう心がけながら治療にあたっています。
小児歯科

どんなお子さんも診察室に入るときには、不安で顔がこわばっています。その緊張をほぐすために「何かお話しようね」といって、雑談をするようにしています。お子さんの心がほぐれてくると、大きなお口を開けて、大人しく治療をさせてくれます。

大切なことは、お子さんが心を開き治療を任せてくれるまで根気よく待つことです。「このおじさん、大丈夫みたい」と思わせてお友達になってしまえば、もう安心です。

お子さんとの約束は、絶対に守りたい!だから痛くしません
治療中の痛みは、お子さんにとっては一番の恐怖です。それが原因で歯医者さんギライになってしまうこともあります。小児歯科では、いかに痛くさせない治療をするかが一番大事です。もし「痛くしないからね」と約束したら絶対に守りたいと思います。恐怖心や歯医者嫌いのトラウマを作らないよう、常に心がけています。

ちょっとした一声が安心感を与える小児歯科
お子さんに一声かけるように気を配っています。治療が始まるときは「痛かったら教えてね」、そして最後まで頑張ったときには、「よく頑張ったね」とほめるあげます。ちょっとした一声ですが、お子さんは声をかけてもらうだけで安心します。

お子さんはほめられると治療中の恐怖心が消えるので、歯医者さんギライを克服するために一緒に頑張りましょう!

歯医者さんが楽しくなる、デンタルバルーン

治療が始まるまで、お子さんは緊張しています。そんな緊張をほぐすのが、デンタルバルーンです。

歯医者さんを好きになって欲しい
デンタルバルーンは、風船を空気が出る治療器具でふくらませて、犬やお花を作るアートです。目の前でシューっとふくらんでいく風船を前に、子どもたちの瞳はキラキラと輝き、食い入るように魅入っています。

これは「歯医者さん好きのお子さんになってもらいたい」というスタッフの想いから始まったものです。皆でデンタルバルーンコーディネーターのセミナーDVDを見ながら練習しました。治療を頑張った子には、デンタルバルーンをプレゼントしておりますので、ぜひご来院ください。

一緒に見守る治療だから保護者の方も安心

小児歯科小児歯科でご家族が一番気にされていることは、お子さんの治療中の様子です。また、ご家族と離れると、お子さんの心にも不安や恐怖が生まれます。

当院では、お子さんの不安を和らげるために、ご家族にもユニットに入っていただいております。いつでもご家族の顔が見えるので、お子さんも安心して治療に臨むことができます。ご家族も治療中のお子さんの様子が分かるので安心です。

画像を使った分かりやすい説明
お子さんに治療内容を説明しても、難しすぎて理解できないことがあります。また、ご家族にとっても同じで、説明が複雑すぎると、かえって混乱してしまうでしょう。当院では、写真やモニター画像などを活用し、より具体的で分かりやすい説明を心がけております。また、ブラッシング指導はご家族にも立ち会っていただきます。親子で歯ブラシの仕方を覚えて虫歯知らずのお子さんに育てましょう。
V-MAX

虫歯予防をしっかりして、ずっと健康な歯でいてもらいたい

虫歯予防小児歯科において、虫歯予防の原点は母親にあるといえます。虫歯菌(ミュータンス菌)は、生後10か月~31か月の間に、お母さまのお口からお子さんのお口へと感染します。とはいえ、すべての子どもが感染するわけではありません。

一度、虫歯菌(ミュータンス菌)に感染すると、ブラッシングでは簡単に減らせません。そのため、虫歯になりやすくなります。その反対に3歳頃までに感染しなければ、サングイス菌(善玉菌)が定着しやすくなり、虫歯になりにくくなります

<虫歯になりやすい条件>
●母親のお口の中に虫歯菌(ミュータンス菌)が大量にいる場合
●お子さんが砂糖を大量に摂取している場合

お子さんの虫歯治療メニュー

虫歯予防は毎日のブラッシングと同時に、定期検診やフッ素塗布、食生活の注意など、総合的な予防が大切です。

【サホライド塗布】初期虫歯の進行を抑制虫歯治療
サホライド(フッ化ジアミン銀の溶液)は、虫歯の抑制と象牙質の知覚を鈍くすることを目的とした薬です。この溶液を歯に塗ることで、初期軽度の虫歯の進行を抑えることができます。ただし、銀の沈着により、象牙質の変色や歯の黒光りなどが起きる場合があります。永久歯の前歯には塗布しません。


歯質を強化する【フッ素塗布(イオン導入法) 】フッ素塗布
フッ素は、歯質を強化する効果があることで知られています。多くの歯科医院では、虫歯予防のためにフッ素塗布を行っています。フッ素塗布は、歯に直接フッ素を塗ることで、虫歯になりにくい歯を作ります。これだけでも効果はありますが、さらに虫歯予防効果を高めるために、当院ではフッ素を電気的に歯の内部に浸透させる、フッ素イオン導入法を行っております。通常のフッ素塗布に比べて5倍以上も深く、象牙質に浸透していきますので、より高い虫歯予防効果が期待できます。


虫歯を寄せ付けない【シーラント】シーラント
シーラントとは、奥歯の噛み合わせの面にできる虫歯を予防する方法です。虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めます。プラスチックは歯科用レジンでできていますので、外れなければ虫歯になりません。特に生えて間もない奥歯の永久歯は、特に虫歯になりやすいので効果的です。ただし、貼り付けてあるだけですので、剥がれることもあります。定期的に検診を受けましょう。


【キシリトール】お口の中の環境を整える
キシリトール配合のガムを定期的に噛むことで、お口の中を虫歯になりにくい環境に変えることができます。

お子さんの噛み合わせが気になったら【咬合誘導法(歯列管理)】

小児歯科噛み合わせに異常があると、噛む機能が上手く働かず、体や顔のゆがみの原因になります。また、見た目なども悪くなるため、心理面にも影響があります。

治療を開始する時期は、噛み合わせの状態にもよりますが、効率的に改善させるためにも、できるだけ早めの治療が望ましいでしょう。一般的には永久歯が生え揃う小学生までの間が適切な治療を受けると、永久歯に生え変わった後の治療が比較的に楽になる場合が多いです。


歯を抜かずに歯並びをきれいに「抜かない治療」
不正咬合を防ぐには、指しゃぶりなどの癖や、歯並びに悪影響を与えると思われる原因を取り除いていきます。永久歯に生え変わる時期はあごの骨がよく発達する成長期です。この時期であれば、永久歯を抜かずに歯並びを整えることが可能です。

当院では、骨の幅を少しずつ拡大しながら歯が生えるスペースを作ります。こうすることで、歯を抜かずに歯並びをきれいにすることができます。また、成人になってから受ける本格的な矯正治療に比べると、簡単な装置で済み、費用も抑えることができます。


【ムーシルド】マウスピースで改善ムーシルド
●3才から治療を始められる
●就寝時にマウスピースを装着するだけ
●痛みを感じることがない

3歳児検診で反対咬合を指摘されたお子さんに有効な治療方法がムーシールドです。通常は永久歯に生え変わるまで様子を見ますが、時期を見逃してしまうことも少なくありません。ムーシールドは、3歳からでも始められる針金を使わずに簡単にできる治療方法です。

当院では、ムーシールド正規講習の修了資格認定を受けた歯科医師が診療にあたっています。比較的に短期間に治すことができますが、症例によっては100%治すことは難しいこともあります。事前に歯科医師までご相談ください。

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

トップへ » 当院が選ばれる理由 » 小児歯科


コールバック予約
pagetop